初心者でも劇的にスコアが改善!パターの練習方法について

ゴルフ練習方法

どーもー、小デブです。

今日は初心者でも少しの練習で劇的にスコアの改善につながる、パターについてまとめます。

ゴルフスコアに直結!パターが一番大事!

ゴルフにおいて、一番多く使うクラブはパターです

18ホールほぼ全てで使います。全ホール1打でも18打、2打でも36打、3打で54打。

初心者では全スコアの約3分の1がパターになります。

ゴルフのレベルを問わず、スコアUPのカギはパターが握っています。

パターはセンス?

初心者でも劇的にうまい人がいるのがパターです。

またパターは感覚が何より大事なクラブです。

自分の手でボールを転がすように、パターを打てれば上達につながります。

パターの種類は?

パターには、ピン型、マレット型、ネオマレット型、L字型などの様々な種類があります。

あとはネックの形状やシャフトの長さよって種類分けされます。

ゴルフショップに行って一番、自分の感覚の合うモノを選び、

できるだけ長い期間使用することをお勧めします。

パターの練習は自宅で出来る!

ドライバーもアイアンも自宅でフルショットできない方が多いと思います。

一方でパターは、パターマットだけ購入すれば家で繰り返し練習できます。

たいていの初心者はパターをまっすぐに打つことが出来ません。

逆にまっすぐ打てさえすれば、3パット4パットは劇的に減らせます。

パターマットでの練習を重ねればまっすぐ打てるようになります。

自宅練習での注意ポイントは?

・パッティングフォームを意識する

・パターの芯でボールをヒットする

・ひたすら真っ直ぐ打つ

・転がりの速さと距離を覚える

ゴルフ場練習での注意ポイントは?

・フィーリングを合わせる(家との感覚の違いを感じる)

・グリーンのコンディション(転がりやすさ・芝目の影響の強さ)を感じる

・上りと下り、スライスとフックの影響を感じる

まとめ

ゴルフの上級者は、ゴルフ場ではパターの練習に一番時間を費やします。

それだけスコアに直結するクラブであり、上級者でも難しいクラブとなります。

ドライバーの250ヤードもパターの10㎝も同じ1打です。

一見簡単に見えるパターがゴルフのスコアUPに直結するクラブになります。

出来るだけ毎日パターに触れ、真っ直ぐ打てるようになることが脱初心者の一歩目です。

ぜひ家で出来る練習も取り組んでみてください。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました