アイアンでボールが上がらない?初心者の悩みの一つにアプローチ

ゴルフ全般

どーも。小デブです。

今日は初心者の方の悩みの一つの「ボールが上がらない」にアプローチしてみたいと思います。

打ちっぱなしで、まっすぐ高く上がる上級者のボールは見ていて惚れ惚れしますよね。

一方で、野球のノックのように、ピッチャーゴロ、セカンドゴロ、サードゴロと

なかなかボールが上がらない初心者の方も良く見かけます。僕も初めはそうでした。

今回はそんなアイアンでボールを打っても上がらない方に向けてこの記事をまとめていきます。

ボールを上げる必要はあるのか?

大前提としてボールを高く上げる必要はありません!

初心者ゴルフではボールを上げることより、同じ方向に安定して飛ばせることが重要になります。

なのでそこまでボールを高く上げようとする必要はないことは意識してください。

とは言ってもボールを高く打てるようになるとゴルフやってる感が出ます。(*´ω`*)

それに最近のアイアンは基本的にかなりボールが高く上がりやすい造りになっています。

正しくスイングすればボールは間違いなく上がります!

ボールが上がらない原因は?

では、なぜボールが上がらないのか?

人によって違います。以上です。( ゚Д゚)

だったら記事にならないので、

ボールが上がらないことの普遍的な原因はアイアンのフェイスが

適正な角度より下向いた状態でインパクトしてしまっていることです。

冷静に考えたら当たり前ですよね。(;’∀’)

ではなぜ、フェイスが下を向いた状態でインパクトしてしまうのか。

・左右にスウェーしてしまっている(体の軸がブレてしまっている)

右打ちの人の場合、テークバックの際に軸(頭の位置)が体の中心から右側にずれ、

インパクトに向けて軸(頭の位置)が左側に突っ込んで打っているケース。

結果的にスイングが遅れてしまい、フェイスが下を向いた状態でインパクトしてしまいます。

・過度なダウンブローになっている

ゴルフの上級者がよくおっしゃる「ダウンブローに打ちなさい。」

はい!( ゚Д゚)上から打ち込み感じですね!はい!やってみます!

ダウンブローに打つとはアイアンのフェイスが最下点に達する前にインパクトすることです。

あまり上から打ちこむという意識をしすぎるとボールはやはり上がりにくくなります。

・過度なハンドファーストになっている

これもよく言われます。「ハンドファーストに打ちなさい。」

はい!( ゚Д゚)インパクトの瞬間ボールより手元が左側にある状態ですね。

これもやりすぎるとフェイスが返ってこないためボールは上がりません。

解決方法は?

フェイスを適正な角度でインパクトさせる方法ということになります。

スエーしない、過度なダウンブロー、過度なハンドファースト、

これらを解決するキーワードは「」と「遠心力」です。

・スイング中の頭(軸)の位置を固定する

スウェーを無くすために、体の軸となる頭の位置を意識したスイングをしましょう。

テークバックの際にできるだけ右側に頭をうごかさず、左肩が顎の下にしっかり入り、

フォローの時にも右肩が顎の下にしっかりと巻き付くようなイメージでスイングしましょう。

・クラブヘッドの重さを感じて遠心力を活かしてスイングする

過度なダウンブロー、過度なハンドファーストを是正するためには、

クラブヘッドの重さを感じて自然なスイングを意識することが重要です。

手や腕の力をあまり使わず、ヘッドの重さを感じて大きなスイングを心掛けましょう。

まとめ

小デブはゴルフでボールが上がらなくて、自分センスないのかな?って悩むことありました。

今思えば過度のダウンブローとスウェーが原因でした。

距離を出したいと思い、無理をしたスイングをして、軸が崩れていました。

軸を意識したスイングを作ることで、方向性も安定しますし、ミスショットが減ってきます。

今日の記事を見て、明日打ちっぱなし行ってみようと思って頂ける方が増えたら嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました